日本三躰 永谷天満宮
令和3年丑年大祭記念事業 ご奉賛のお願い

永谷天満宮は、御祭神である菅原道真公自作の御神像をおまつりする由緒正しきお宮として、多くの氏子崇敬者の方々に親しまれてきました。また、天神様のお使いである牛(丑)との御縁から、これまで十二年ごとの丑年に大祭を挙行し、様々な記念事業を行って参りました。
令和の御代になり初めての丑年となる本年、永谷天満宮に受け継がれる祭事の継承、そして近年の参拝者増加に伴う境内整備の必要性が高まってきたことから、下記の記念事業を実施致します。
つきましては、一人でも多くの方々に趣旨にご賛同いただきまして、格別のご支援を賜りますよう衷心よりお願い申し上げます。

永谷天満宮丑年大祭記念事業実行委員会委員長 桐生 秀昭
仝 副実行委員長 瀬之間康浩
仝 副実行委員長・永谷天満宮氏子会会長 宮本 是清
永谷天満宮  宮 司 川邊 浩司

<記念事業概要>

1,祭事関係

〇御神体御開帳 令和3年9月25日・26日
 御祭神の菅原道真公が自ら彫られた当宮の御神体は、当宮創建当時から曹洞宗 貞昌院様に安置され、12年に1度の大祭のときに当宮へ神輿により運ばれておりました。
平成21年丑年大祭を期に当宮に安置されることとなり、その際に御神体の御開帳が行われました。この度も御開帳を執り行い、先人が大切にされてきた祭事を継承致します。

 

〇出開帳 令和4年9月予定
出開帳とは、御神体を神輿に安置し厳重な警戒のもと東海道を経て江戸深川に至り、開帳即ち神輿の正面扉を開いて御神体を江戸町民に拝観せしめたことをいいます。この度氏子地域において出開帳を行い、氏子崇敬者に広く天神様の御神徳をお受け頂きます。

他子供神輿、稚児行列、奉納演芸大会、奉祝式典を実施 令和4年9月予定

※境内整備事業が令和4年8月完了予定のため、出開帳、子供神輿、稚児行列、奉納演芸大会、奉祝式典は令和4年9月の例祭に合わせ執り行います。

2,境内整備関係

〇駐車場整備 ※工事期間 令和4年2月~8月
近年正月や七五三詣をはじめとした当宮への参拝者の増加に伴い、現在の駐車場を拡張し駐車台数を増設します。

〇境内樹木整備
一昨年関東に上陸した台風により、当宮でも倒木による被害が発生しました。今後も同様の自然災害が予想されることから、御本殿周辺をはじめ境内の樹木整備を行います。

他御本殿側溝整備、芳名板作製予定

記念事業総事業費  6,150万円(祭事関係 250万円・境内整備関係5,900万円)

神社拠出金     2,500万円

ご奉賛目標額    3,650万円

【募財期間】 令和3年8月25日~令和4年7月末日(予定)

<ご奉賛のお申込みについて>

①社務所へ直接ご納入
 →奉賛金申込書をご記入の上、社務所へご持参下さい。

奉賛金申込書はこちらからダウンロードできます。

②金融機関へのお振込み
 →下記の金融機関へお振込み下さい。振込後、奉賛金申込書を郵送又はFAX、又は社務所までご持参下さい。

 

金融機関 ゆうちょ銀行 ※振込用紙(手数料は当社負担)をご用意しております。
口座記号番号 口座記号番号 00230-0-144004
口座名称 口座名称   永谷天満宮丑年大祭記念事業
金融機関 横浜農業協同組合 港南支店
口座番号 口座番号 普通 0081534
口座名称 口座名義 宗教法人 天神社 代表役員 川邊浩司
(シュウキョウホウジン テンジンシャ ダイヒョウヤクイン カワベコウジ)
金融機関 横浜銀行 上永谷支店
口座番号 口座番号 普通 6162620
口座名称 口座名義 宗教法人 天神社 代表役員 川邊浩司
(シュウキョウホウジン テンジンシャ ダイヒョウヤクイン カワベコウジ)

※「宗教法人 天神社」は永谷天満宮の法人登記名です。

<ご奉賛による待遇>

一万円以下  記念品贈呈・芳名帳に記載
一万円以上  記念品贈呈・芳名帳に記載・境内奉賛芳名板に刻銘
三十万円以上 記念品贈呈・芳名帳に記載・境内奉賛芳名板に刻銘・感謝状

※芳名帳・芳名板にお名前を記載させて頂きますので、必ず奉賛金申込書をご提出ください。
※記念品は令和4年10月頃にお送り致します。
※芳名帳は御本殿にお納めし、永久顕彰保存致します。
※郵便振込用紙をご希望の方は永谷天満宮社務所までお問い合わせください。

▲ページトップに戻る