新着情報

平成30年9月5日(水)
秋季例祭に伴う御祈祷受付時間について

 秋季例祭の子供みこし渡御に伴い、9月23日(土)の御祈祷受付時間は正午~午後4時までとなります。ご了承の程宜しくお願い申し上げます。
 また、9月25日(火)は午後2時より秋季例祭の祭典の為、終日御祈祷を承ることができません。合わせてご了承の程宜しくお願い申し上げます。

平成30年9月5日(水)
平成三十年 秋季例祭斎行のお知らせ

 永谷天満宮では、毎年9月25日に秋季例祭を斎行しております。

 今年の9月23(日)10時からは、永谷天満宮氏子会のご協力のもと、子供たちが神輿を担いで各地域を練り歩き、夜は神賑行事として、氏子の方々による「奉納演芸大会」が賑やかに執り行われます。
 24日(月)の「宵宮(よいみや)」では、永谷天神囃子(ながやてんじんばやし)による囃子奉納、そして25日(火)は、雅な雅楽の音色が響く中、神職らにより祭典が斎行されます。
 当日の詳細な時間等は、下記をご参照下さい。本年も多くの皆様のご参列をお待ち申し上げております。

             ◆日本三躰 永谷天満宮 秋季例祭日程◆

≪9月23日(日)≫
子供みこし   9:30~11:30(小雨決行、雨天の場合は24日に延期)
囃子巡行    10:00頃(菱興・日限山・丸山台方面)
        13:30頃(上永谷・美晴台・富士見台・月見ヶ丘・南高台方面)
奉納演芸大会  18:00~20:30(小雨決行、雨天の場合は24日に延期)

≪9月24日(月)≫
宵宮      19:00~(永谷天神囃子奉納)

≪9月25日(火)≫
祭典      14:00~(於御本殿 どなた様でもご参列頂けます)

ご不明な点等ございましたら、永谷天満宮社務所までお問合せ下さい。(午前9時~午後5時)
        TEL 045-844-7244  E-mail info@nagayatenmangu.or.jp

平成30年8月21日(金)
七五三詣の記念に

平成30年8月21日(火)
七五三詣でのご案内

永谷天満宮では七五三詣でを承っております。例年、お祝いのお子様で境内は賑いを見せます。
お子様のお祝いに、是非当宮へお越し下さい。

平成30年6月29日(金)
夏越の大祓(茅の輪くぐり)

 私どもは日々の生活の中で知らず知らずのうちに、人を傷つけたり、罪を犯したり、けがれに触れたりします。大祓は、身に付いた罪やけがれを祓い、人々が清浄で正直な心に立ち返えり、明るい世の中になるよう祈りを奉げる神事です。又、夏越(なごし)は神慮を和らげるという意味の「和し(なごし)」であるとも云われています。地方によって様々な行事が行われていますが、多くの神社では「茅の輪くぐり」が行われています。茅萱(ちがや)は、古くより邪気を祓う力があると云われています。
日本三躰永谷天満宮では、午後四時より神事を行い、皆様にお配りした人形(ひとがた)で身体を拭い、それをお納め頂いた後で茅の輪をくぐります。この半年間に付いた罪やけがれを祓い清め、清浄な心身で一年の後半を迎えましょう。どうぞ、ご家族皆様でご参列ください。

   <日 時> 6月30日(土) 16:00より  
   <場 所> 永谷天満宮境内(神楽殿前)
   <初穂料> お一人様五百円よりお心持ちお納めください。
   ※ご参列の方には「茅の輪守り」を授与致します。

平成30年5月28日(月)
あじさい開花

 境内のあじさいが開花しました。間もなく見頃を迎えそうです。当宮へご参拝の際は是非ご観賞ください。

平成30年4月19日(木)
鯉のぼり

 新緑の季節を迎え、境内には鯉のぼりが設置されました。晴天の中気持ちよさそうに泳いでいます。

平成30年3月23日(金)
間もなく満開

 先日開花した当宮境内の桜も間もなく満開を迎えそうです。皆様のお越しをお待ちしております。
 御本殿裏の天神山にも是非足をお運びください。

平成30年3月18日(日)
春季例祭に伴う祈祷受付時間について

3月25日(日)は午後2時より「春季例祭」斎行のため、御祈祷の受付時間は以下の通りとなります。ご了承の程宜しくお願い申し上げます。

  <御祈祷受付時間> 午前9時~午前11時(ご予約可)

平成30年3月16日(金)
間もなく桜が開花

間もなく関東でも桜が開花します。御本殿裏手の天神山では毎年桜が花を咲かせ、多くの参拝者が訪れその美しい景観を楽しまれています。見頃は3月下旬頃です。皆様のお越しをお待ちしております。(写真は昨年の様子)

平成30年1月20日(土)
節分祭のご案内

2月3日は「節分」です。「節分」は立春の前日のことで、冬から春へ季節の変わり目を迎えるこの日は、各ご家庭でも「鬼は外」「福は内」のかけ声に合わせ豆まきが行われます。日本の古式ゆかしい行事です。
永谷天満宮では2月3日、御本殿で節分祭祭事の後、神楽殿前におきまして豆まきを行います。皆様のご参加をお待ちしております。
 
     日 時 平成30年2月3日(土)大安
         13:00  御本殿にて節分祭祭事執行
         祭事終了後  神楽殿前にて「豆まき」開始

※豆拾い参加者は、13:15までに境内にご参集下さい。
※当日混雑が予想されますので、お子様がご参加の際は保護者同伴でお願い致します。
※豆まき奉仕者(年男・年女)も募集しております。詳しくは永谷天満宮社務所までお問合せ下さい。
※節分祭執行に伴い、2月3日の御祈祷の受付は午前11時までとなりますので予めご了承ください。

ご不明な点等ございましたら、永谷天満宮社務所までお問合せ下さい。(午前9時~午後5時)
        TEL 045-844-7244  E-mail info@nagayatenmangu.or.jp

平成30年1月6日(度)
1月14日(日)のご祈祷受付時間について
 1月14日(日)午前10時より「さいと焼き」神事の執行に伴い、当日のご祈祷受付は午後1時からとなります。ご祈祷をご希望の方はご了承の程お願い致します。

平成29年12月16日(土)
平成三十年新春初詣のお知らせ

 
 早いもので今年も残り二週間程となりました。皆様にとりまして今年一年はどのような年になりましたでしょうか。
 来年もご家族やご友人の方々と健康で平穏な生活が送れますよう、お正月は当宮にてご参拝ください。
 以下に平成三十年の新春初詣情報を記載致しますので、お詣りの際はご参考になさって下さい。

                     ≪ 参拝時間 ≫
               〇1月1日    午前0時~午後5時30分
               〇1月2日~4日  午前8時~午後5時30分
               〇1月5日以降  午前9時~午後4時30分
        ◆上記は御本殿正面扉の開扉時間です。上記時間帯以外でもご参拝頂けます◆

                     ≪ 御守授与 ≫
               〇1月1日    午前0時~午後5時30分
               〇1月2日~4日 午前8時~午後5時30分
               〇1月5日以降  午前9時~午後5時

                     ≪ 祈祷受付 ≫
               〇1月1日    午前9時~午後4時
               〇1月2日~8日 午前9時~午後4時
           ◆上記時間帯はご予約不要にて随時お受け致します◆
               〇1月9日以降 午前9時~午後4時(8日以降はご予約可能となります)

                      ≪ 甘酒接待 ≫
               〇1月1日(夜)   午前0時~午前2時半30分頃
               〇1月1日~3日  午前10時頃~午後3時頃
                  ◆無くなり次第終了となります◆

 一月中は三が日を中心に、多くの方がご参拝されるため、お越しの際は公共交通機関か、お車の方は上永谷駅周辺の有料駐車場をご利用頂きますよう宜しくお願い申し上げます。
 その他、ご不明な点等ございましたら、当宮社務所までお問合せ下さい。

また、大晦日の午後4時からは「年越しの大祓」、元日午前6時からは御本殿にて「歳旦祭」を執り行います。どなた様でもご参列頂けますので、是非お詣り下さい。
 尚、「さいと焼き」は1月14日(日)午前10時からの執行となります

            永谷天満宮社務所 TEL 045-844-7244(午前9時~午後5時)

平成29年10月16日(月)

 肌寒い気候の日々が日増しに増えて参りましたが、当宮は今年も、七五三のお詣りの祝い子様達によって賑わいを見せ始めるようになりました。
 当宮での七五三の御祈祷は、10、11月中の土日祝日に限り、ご予約不要の当日受付のみとさせて頂いておりますが、平日は事前のご予約も承っております。

 御祈祷は、毎日午前九時から午後四時まで承っておりますので、お越しになって受付をお済ませになられた方から、順次ご案内させて頂きます。
 尚、初穂料はお子様お一人につき、七千円のお納めとなります。
 御祈祷にて御神前にお上げしたお守り、お札の他、お詣りの記念として、以下に掲載した写真のように、千歳あめやおもちゃもお頒ちさせて頂いております。

また昨年と同様、プロのカメラマンさんが当宮に来て、該当の日に随時祝い子様の撮影をさせて頂く予定です。
 詳細は、下記アドレス先のサイトをご覧下さい。今年も沢山の方々のご参拝をお待ち申し上げております。

             ↓↓カマクラフォトグラフィ  ホームページ↓↓
               http://kamakuraphoto.com/index.html

平成29年9月13日(水)
平成二十九年 永谷天満宮 秋季例祭斎行のお知らせ

 永谷天満宮では、毎年九月下旬に秋季例祭を斎行しております。

 今年の9月23(土、大安)10時からは、永谷天満宮氏子会のご協力のもと、子供たちが神輿を担いで各地域を練り歩き、夜は神賑行事として、地元の方々による「奉納演芸大会」が賑やかに執り行われます。
 24日(日)の「宵宮(よいみや)」では、永谷天神囃子(ながやてんじんばやし)による囃子奉納、そして25日(月)は、御本殿にて神職らによって祭典が斎行されます。
 当日の詳細な時間等は、下記をご参照下さい。上の写真は、昨年の祭典での様子になります。

 尚、9月25日の祭典当日は終日御祈祷を承れませんが、23、24日は通常通り午前九時~午後四時の時間帯で御祈祷を承っております。

 今年も多くの皆様のご参列をお待ち申し上げております。

             ◆日本三躰 永谷天満宮 秋季例祭日程◆

≪9月23日(土)大安≫
子供みこし   9:30~11:30(小雨決行、雨天の場合は24日に延期)
囃子巡行    10:00頃(菱興・日限山・丸山台方面)
        13:30頃(上永谷・美晴台・富士見台・月見ヶ丘・南高台方面)
奉納演芸大会  18:00~20:30(小雨決行、雨天の場合は24日に延期)

≪9月24日(日)≫
宵宮      19:00~(永谷天神囃子奉納)

≪9月25日(月)≫
祭典      14:00~(於 御本殿 どなた様でもご参列頂けます)

ご不明な点等ございましたら、永谷天満宮社務所までお問合せ下さい。(午前九時~午後五時)
        TEL 045-844-7244  E-mail info@nagayatenmangu.or.jp

平成29年7月1日(土)
夏越の大祓が執り行われました。

 去る六月三十日(金)午後四時より、当宮境内にて「夏越の大祓」が執り行われました。
 当日は午前中の雨とその後の強い湿気にも関わらず、約二百五十名の方々にご参列を頂き、境内は大きな賑わいを見せました。

 祭典では神職による先導のもと、ご参列の皆様方と大祓詞を奏上し、切幣(きりぬさ)で心身を清め、人形(ひとがた)に半年間の罪、穢れを移した後、大きな茅の輪をくぐりました。

 今年もあと半年です。これから暑さは益々厳しくなって来ますが、酷暑に負けず、心身の健康を旨とし、残りの半年間を無病息災で過ごしましょう。

平成29年6月18日(金)
夏越の大祓&あじさい開花情報

 来たる六月三十日(金)午後四時より、永谷天満宮境内にて「夏越(なごし)の大祓」が執り行われます。
 祭典の当日は、神職による先導のもと「大祓詞(おおはらえことば)」を参列者の皆様全員で奏上し、「人形(ひとがた)」を身体に撫で付けて息を吹き掛け、それに罪穢れを移します。
 そして、邪気を祓うと伝えられている茅(ちがや)で作られた大きな「茅の輪(ちのわ)」をくぐり、無病息災を願います。(※大祓や罪穢れの仔細な意義は、昨年6月の新着情報内でご紹介しております。ご参考になさって下さい。)
 今年一年の後半を無事過ごせますよう、当日はご家族皆様でのご参列をお待ち申し上げております。

          ≪日 時≫  六月三十日(金) 16:00より
                 ※15時20分頃より受付を開始致します。
          ≪場 所≫  永谷天満宮境内(神楽殿前)
          ≪初穂料≫  お一人様五百円以上お心持ち

◆ご参列の方には「茅の輪守り」をお頒かち致します。
◆ご予約の必要はございません。大祓当日に当宮へお越し下さい。
◆当日にご参列が難しい方は、人形を社務所にてお渡し致します。ご自宅でご自身をお清めした後、大祓前日までに人形を社務所へお納め下さい。

             ***永谷天満宮 あじさい開花情報***
 
 さて、当宮のあじさいがいよいよ満開を迎えようとしております。
 今年は湿気も少なく、まだまだ過ごしやすい日々が時折続くことから、心地好い空気と共に天神山のあじさいをご覧になられる方々が例年よりも多い様子です。中には遠方からいらっしゃる方々も……。
 

           
 奥へと続くあじさいの回廊。中にはこれから花開くあじさいもあります。もしかしたら大祓当日も、まだまだ鮮やかなあじさいをご覧頂けるかもしれません。

 こちらは山頂付近のあじさいの様子。天神山のあじさいの中にも様々な色、形があり、参拝者の方々を楽しませてくれています。
 その後ろには、少しずつ枯れ行く緑の梅が見受けられます。この梅の木々も厳しい寒さが残る初春の時季に、美しい紅色の花を咲かせてくれました。
 命は絶えること無くすべては循環し、今度はあじさいの花々がその命を輝かせます。

平成29年6月12日(月)
永谷天満宮 ~あじさい開花~

毎年この時季になると、鮮やかな紫陽花の花々が天神山を彩り始めます。今年は例年よりも開花具合が幾らか遅くありますが、ようやく天神山の紫陽花も厚みを帯び始めました。時に、煩わしい梅雨の中にも心地好い涼を感じさせてくれる紫陽花が咲くこともあります。


           
 今月三十日午後四時からは当宮境内にて「大祓式」が執行されます。また詳細な情報は後日改めて新着情報内にてお知らせ致します。
 当日はどなた様でもご予約不要にてご参列頂けますので、是非お詣り下さい。

平成29年5月7日(日)
新緑の季節

一昨日で二十四節気は「立夏」を迎え、山野にはいよいよ夏の気配が感じられるようになりました。
鮮やかな桃色の桜の花はすっかり散ってしまいましたが、今は豊潤な新緑の木々が溌剌とし、天神山の生命により厚みを与えています。


           
境内の梅の実もじっくりと時間を掛けて大きくなり、今ではここまで育つようになりました。昨年よりも多くの実がついている様子です。

平成29年5月1日(月)
~~鯉のぼり~~×ヒコーキ雲

5月5日は「端午(たんご)の節句」です。古くは奈良時代に由来し、菖蒲(しょうぶ)の強い香気により邪気を祓うことから始まりました。
やがて鎌倉時代の武家社会になると、「菖蒲」を「尚武(しょうぶ)」とかけ、男の子が勇ましく健康に育つようにとの願いが生じ、江戸時代に於いて、滝を登り切った鯉が竜に変わり、大きく出世すると云う中国の伝説と、江戸時代の風習が習合したことから「鯉のぼり」が生まれたのです。こちらは氏子の方々が境内に掲げて下さった鯉のぼりの写真です。

昨今では節句を祝うご家庭も少なくなって来ましたが、この時期スーパーなどに行くと、菖蒲の葉が陳列されているのを今でも目にします。入り易いところから日本古来の伝統行事に慣れ親しんでみるのもいいかもしれません。

平成29年4月10日(月)
桜、まだまだ見頃です。


               
               天神山に吹く穏やかな春と緑の香り。
          暖かくなったり急な風がひんやりしたりと四月らしい日和。
                  桜はまだまだ見頃です。


           
           初夏に向けて、にじむ紅色の梅が早くも実をつけ始めました。