新着情報

令和6年2月23日(金)雨水(春)天皇誕生日(旧天長節)
天皇誕生日の境内の様子
https://www.instagram.com/p/CqepkGoLePs/ ←境内のみどころは永谷天満宮公式Instagramでもご紹介しています。興味のある方はこちらをクリックしてください。

お雛様を設置しました。どなたでもご覧になれます。社務所にお声をおかけください。
男雛と女雛が仲良く並んでいらっしゃいます。

本日は天皇誕生日(旧天長節)。天皇陛下のお誕生日をお祝いしましょう。※天皇陛下のお仕事
天皇陛下は常に国民の幸せと国の発展、また、世界が共に穏やかで豊かであるよう、祈ってくださっています(宮中祭祀)。

このような日に、日本の豊かで多様な伝統文化を振り返ってみてはいかがですか。

古(いにしえ)を稽(かんが)へて今を照らす  (古事記(こじき)

「伝統」は当時の最高、最先端。そして「今」も更新され続けています。

最も古もの(不易)と最も新しいもの(流行)が調和し色とりどりの美しい花をそれぞれの色で咲かせています。

今、咲き誇る「梅」も外来の当時最先端の花。

それを日本のこころでめでる、豊かで多様な文化。

伝統は今も大切に守り続けられ、さらに常に日々、新しく更新し続けています。

流行と不易。

和魂(日本のこころ)漢才(外来の最先端の技術)。

個性豊かな国のかたち。

敷島の大和心を人問はば 朝日に匂ふ山桜花  本居宣長

全国の地元の氏神様で「ありがとう」の気持ちをお伝えしてみてはいかがですか。

日本の元気は地元の氏神様から。

〇おすすめの動画のリンクです↓ 
天皇陛下記者会見、64歳に
第4回アジア・太平洋水サミット 天皇陛下記念講演(2022年4月23日)
天皇陛下、63歳お誕生日 平和の実現「一人一人に問われている」
天皇陛下、即位を宣明される「即位礼正殿の儀」
「饗宴の儀」華やかに 外国元首らおもてなし

令和6年2月16日(金)➁ 立春(春)河津桜も花の盛りです
境内の河津桜
https://www.instagram.com/p/CqepkGoLePs/ ←境内のみどころは永谷天満宮公式Instagramでもご紹介しています。興味のある方はこちらをクリックしてください。

写真➀ 〇場所 お不動さん 天神山入口付近の河津桜

写真➁ 〇場所 お不動さん 天神山入口付近の河津桜
河津桜も淡いピンク色の花を咲かせています。花の盛りです。花の色が肌で感じとれます。
春の日差しが体にしみて、頭がぼんやりとしてきます。春をはっきりと感じとれる季節の到来です。

〇場所 お不動さん 天神山入口付近

このたびは 幣もとりあえず手向山 紅葉の錦 神のまにまに 
(形は整っていませんが、精一杯のまごごろを神さまどうぞお受けください)

こころを澄ませば当たり前の景色のなかの特別と出会えます。

こころの数だけ形があります。 「あっ」とこころに湧きおこる、ありがとう、を神さまに。また、身近な人に。お伝えしてはいかがですか。

紅葉の錦 神のまにまに

古事記(こじき)とは
古事記あらすじ
古事記

令和6年2月16日(金)➀ 立春(春)
境内の梅の花
https://www.instagram.com/p/CqepkGoLePs/ ←境内のみどころは永谷天満宮公式Instagramでもご紹介しています。興味のある方はこちらをクリックしてください。

写真➀ 〇場所 末社 神輿庫付近の梅

写真➁ 〇場所 末社 神輿庫付近の梅

梅が春の日差しに輝いています。眩暈をおこすようなぼんやりとした光は肌で感じとれるほどで、いい心地です。こころもポカポカ温まります。

このたびは 幣もとりあえず手向山 紅葉の錦 神のまにまに 
(形は整っていませんが、精一杯のまごごろを神さまどうぞお受けください)

こころを澄ませば当たり前の景色のなかの特別と出会えます。

こころの数だけ形があります。 「あっ」とこころに湧きおこる、ありがとう、を神さまに。また、身近な人に。お伝えしてみてはいかがですか。

「紅葉の錦 神のまにまに」
古事記(こじき)とは
古事記あらすじ
古事記

令和6年2月15日(木)立春(春)末社月次祭 午前9時
毎月15日は末社月次祭 午前9時より
https://www.instagram.com/p/CqepkGoLePs/ ←境内のみどころは永谷天満宮公式Instagramでもご紹介しています。興味のある方はこちらをクリックしてください。

写真➀ 月次祭前の末社の様子。祭壇を組み、神事を行います。 境内の梅も花の盛り。

写真➁ 宮司(ぐうじ)祝詞奏上の様子。 

本日は15日は末社月次祭。

末社での神事の後、お不動さん、天神山山頂の浅間社をそれぞれお参りしました。

地域の皆様の幸せと日本国のさらなる発展、日本だけでなく世界も平穏で共に栄えるようご祈念いたしました。

写真➀ 祭典前の末社の様子。

境内の梅も花の盛りです。

写真➁ 祝詞奏上の様子。

修祓(しゅばつ)でお清めをし、お供え物神饌(しんせん)を神さまにお供えし、祝詞(のりと)を奏上。宮司、参列者と順に榊の玉串(たまぐし)で拝礼しました。神事の後、それぞれの末社を参拝しました。

末社、お不動さん、と順に拝礼し、天神山山頂の浅間社にお参りします。

どなたでもご参列いただけます。ご希望の方はお気軽に社務所まで。

初穂料不要。普段着でご参列ください。神前にお供えしたいもの(食べ物以外も可)があれば、社務所にお持ちください。

「まこと」の神、菅原道真公のお力、恩頼(みたまのふゆ)をいだだき、はつらつと、すがすがしく、さわやかに残りの半月を過ごしましょう。

地域の元気と日本の発展、そして世界の平穏は世界にひとつ、の全国の地域の氏神さまから。

日本はおまつりの国。地域のおまつりで力を合わせて日本を元気にしましょう。

天地(あめつち)の 神にぞ祈る 朝なぎの 海のごとくに 波たたぬ世を  昭和天皇御製

さしのぼる 朝日のごとく さはやかに もたまほしきは 心なりけり 明治天皇御製

目に見えぬ 神に向ひて はぢざるは 人の心の まことなりけり  明治天皇御製

〇その他の祭

1日 月首祭(げっしゅさい) 10時 御本殿にて
月の初めのお祭(神事)です。

15日 末社月次祭(まっしゃつきなみさい) 午前9時 末社にて
木の幹の枝にあたるお社、末社のお祭(神事)です。

25日 月例祭(げつれいさい) 午後4時 御本殿にて 
天神様の縁日、毎月25日に行うひと月のなかで一番大きなお祭(神事)です。
※3月と9月は春季例祭、秋季例祭のため時間が異なります。

令和6年2月11日(日)立春(春)建国記念の日(旧紀元節)
本日の境内の様子
https://www.instagram.com/p/CqepkGoLePs/ ←境内のみどころは永谷天満宮公式Instagramでもご紹介しています。興味のある方はこちらをクリックしてください。

写真➀ お不動さん上の河津桜にとまるメジロ

写真➁ 桜の花の蜜を飲むメジロ

お不動さんの上の河津桜の枝をメジロがトコトコと枝を縫いながら
時折、花に頭をうずめて嘴で蜜を飲んでいる姿がとてもかわいらしい。

近くの梅の枝にもメジロがいて、風情があって見ていて飽きません。

今日のおすすめの景色です。

本日は建国記念の日、「建国をしのび、国を愛する心を養う」日です。

今からおよそ2680年程前に初代神武天皇(じんむてんのう)がご即位されて日本が建国された日です。

古事記や日本書紀を繙いてご先祖様の悠久の歴史に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

神武天皇
橿原神宮 神武天皇御一代記御絵巻

令和6年2月5日(月)立春(春)
本日の境内の様子
https://www.instagram.com/p/CqepkGoLePs/ ←境内のみどころは永谷天満宮公式Instagramでもご紹介しています。興味のある方はこちらをクリックしてください。

春の雪に境内の景色も様変わり。

梅が枝に降り積もる雪が風情があっていい塩梅です。

節分の翌日、4日から立春。暦の上では春になりました。

新しき年の初めの初春の今日降る雪のいやしけ吉事  大伴家持
(あらたしき としのはじめの はつはるの きょうふるゆきの いやしけよごと)

万葉集の歌のように、めでたく良いことが重なりますように。

令和6年2月3日(土)大寒(冬) 節分祭 
節分祭当日の様子
https://www.instagram.com/p/CqepkGoLePs/ ←境内のみどころは永谷天満宮公式Instagramでもご紹介しています。興味のある方はこちらをクリックしてください。


写真➀社務所から見た豆撒きの様子

写真➁節分祭の神事、祝詞奏上の様子。 手前に並べられた枡を手に豆撒き奉仕者は神事の後舞台に向かいます。

写真③神前での豆撒き奉仕者の様子。厳かな神事ののち、楽しく賑やかな豆撒きに移ります。

本日、13時より節分祭を執り行いました。
御本殿での神事を終え、年男、年女をはじめ豆撒き奉仕者は神楽殿に設けられた舞台に移りました。宮司、責任役員の挨拶の後、開始の号鼓とともに「鬼は外、福は内」の掛け声とともに勢いよく豆が撒かれ、参加者は舞台の下で競いながら撒かれた豆を受け取り、歓喜の声をあげていました。辺りは和気ににあふれて賑やかでした。豆まきの後、参加者は氏子会さんの振る舞う豚汁に舌鼓を打ち冷えた体を温めていました。お子様たちはお菓子の詰め合わせを受け取り豚汁を片手に名残惜し気に境内で遊んでいらっしゃいました。皆様の一年が健やかで晴やかな一年でありますよう心よりご祈念申し上げます。多くのご参列ありがとうございました。
明日から立春。暦の上では春です。

令和6年2月1日(木)
本日の境内の様子

写真 宮司と藤田優一さん

FM横浜の番組Lovely Day♡の街角リポートでリポーターの藤田優一さんがご来社になりました。

宮司が御本殿にて、天満宮の歴史、お参りの仕方、宮司が永谷天満宮に学生時代合格祈願に来たエピソード、日々の日課などは何か等、藤田さんの質問に答えていました。

快く記念撮影にも応じてくださいました。藤田さん本日はご来社いただきありがとうございました。
FM横浜ラブリーデイ
ブログ

令和6年1月28日(日)
節分祭のご案内

2月3日は「節分」です。「節分」は立春の前日のことで、冬から春へ季節の変わり目を迎えるこの日は、各ご家庭でも「鬼は外」「福は内」のかけ声に合わせ豆まきが行われます。日本の古式ゆかしい行事です。
永谷天満宮では2月3日、御本殿で節分祭祭事の後、神楽殿前におきまして豆まきを行います。皆様のご参加をお待ちしております。

日 時 令和6年2月3日(土)
13:00  御本殿にて節分祭祭事執行
祭事終了後  神楽殿前にて「豆まき」開始

※豆拾い参加者は、13:15までに境内にご参集下さい。
※当日混雑が予想されますので、お子様がご参加の際は保護者同伴でお願い致します。
※豆まき奉仕者(年男・年女)も募集しております。詳しくは永谷天満宮社務所までお問合せ下さい。
※節分祭執行に伴い、2月3日の御祈祷の受付は午前10時30分受付までとなりますので予めご了承ください。

令和6年1月27日(土)
梅の花の様子
https://www.instagram.com/p/CqepkGoLePs/ ←境内のみどころは永谷天満宮公式Instagramでもご紹介しています。興味のある方はこちらをクリックしてください。

写真➀ 末社 神輿庫付近の梅 梅の後ろには末社が見えます。


写真➁ 御本殿中央階段の梅 大晦日に一番最初に咲いたのはこの梅です。

境内では梅の花が咲き始め、花の良い香りが境内に漂います。まだ、冬の寒さは厳しいですが、日の光の中には、これから訪れる春の明るさが次の季節をそれとなく知らせています。

透き通るような日の光の照らす、境内、天神山普段よりゆったりと歩きながら、自然の中に溶け込んでみてはいかがですか。忙しい日常を離れてちょっとひとやすみ。

令和6年1月21日(日)
初天神(筆供養祭)
1月25日午後2時より初天神(筆供養祭)が行われます。
本年の初天神より筆供養祭も合わせて執り行い、御本殿での祭事執行後に小筆のお焚き上げを行います。

又祭事執行後に、筆供養祭の記念授与品として「天神墨」を授与致します。ご参拝の記念にお受けください。
<初穂料>2,000円 ※お一人一体のみの授与となります。
「天神墨」は錦光園さんが製造された特別なものです。
「天神墨」
錦光園(きんこうえん)

錦光園(きんこうえん)公式ユーチューブ

令和6年1月14日(日) 小寒(冬)さいと焼き
さいと焼き
https://www.instagram.com/p/CqepkGoLePs/ ←境内のみどころは永谷天満宮公式Instagramでもご紹介しています。興味のある方はこちらをクリックしてください。

本日10時より、さいと焼きが執り行われました。

祭事に先立ち参列者全員で黙とうし、この度の能登半島地震で亡くなられた方ご冥福をお祈りいたしました。

写真①

神事で松飾、門松に宿った年神様にお帰りいただきました。

宮司が注連縄や松飾を積み上げた炉に火をくべると炎は高らかに舞い上がりました。

宮司の「オー」という警蹕の響くなか、宿った神さまにお帰りいただきました。

炉に向かい宮司にあわせて参列者全員で拝礼いたしました。


写真②

祝詞奏上の様子。御本殿裏の森から昇る太陽の光が木々の間からこぼれて辺りを照らして祭場を彩ります。

令和6年1月1日(木) 冬至(冬)
三が日の様子
https://www.instagram.com/p/CqepkGoLePs/ ←境内のみどころは永谷天満宮公式Instagramでもご紹介しています。興味のある方はこちらをクリックしてください。

「令和6年能登半島地震」により亡くなられた方々に心からお悔やみを申し上げるとともに、被災された全ての方々にお見舞いを申し上げます。被災地の一日も早い復旧と復興をお祈り申し上げます。

令和6年の新しい年がはじまりました。

年明けた瞬間境内には参拝者の喜びの声が響き渡っていました。

本年も三が日、参拝者の列が鳥居の外まで列が続いていました。

参拝を終えた方は、おみくじを引いた後、炉の火にあたりながら、今年から復活した氏子会さんの振る舞う甘酒で冷えた体を温めながら、皆様楽しそうに談笑していました。

永谷天神囃子の皆様の天神囃子も正月の境内に賑やかな音を響かせて辺りは賑々しい雰囲気に包まれていました。

響き渡る喜びの声に乗り日本中、世界中に天神様のお力があまねく人々の心に届けられます。

新しい一年が皆様にとりまして喜びの多い晴れやかな一年となりますように。

どんな困難も心と力を合わせて乗り越えていきましょう。

令和5年12月27日(水)
令和6年新春初詣のご案内

<御守授与>〇1月1日 午前0時~午前2時30分 午前5時30分~午後5時30分
      〇1月2日、3日 午前8時~午後5時30分
      〇1月4日以降  午前9時~午後4時
<新年祈祷>〇1月1日~3日 午前9時~午後4時(受付午後3時半まで)
       *当日受付のみとなります。ご予約の必要はありません。
       *ご昇殿(参列)の人数制限をさせて頂く場合がございます。
      〇1月4日以降  午前9時~午後4時(受付午後3時半まで)
       *前日までにご予約の上お越し下さい(当宮ホームページからもご予約頂けます)
       *会社・法人等の団体祈祷の方はご予約をお願い致します。 
<甘酒接待> 1月1日 午前0時~午前2時30分頃
       1月1日~1月3日 午前10時~午後3時頃
       ※各日無くなり次第終了となります。

令和5年12月14日(木) 大雪(冬)
本日の境内の自然
https://www.instagram.com/p/CqepkGoLePs/ ←境内のみどころは永谷天満宮公式Instagramでもご紹介しています。興味のある方はこちらをクリックしてください。

〇場所 お不動さん前階段 銀杏 硯池付近
午後2時頃の境内の紅葉。お不動さんの脇に目をやると、急に日が差して色とりどりの葉が自然の光で煌いています。
時間によって現れる、

本日のおすすめの光景です。皆様も「あっ」とこころに響いた景色を身近な人と共有してみてはいかがですか。すべては神さまの恵み。とっさに湧きおこる「ありがとう」気持ちを「今」すぐ神さまに届けましょう。まだ立派な「形」は整っていなくても精一杯のまごごろを「紅葉の錦神のまにまに」。

令和5年12月9日(土) 大雪(冬)
本日の境内の自然
https://www.instagram.com/p/CqepkGoLePs/ ←境内のみどころは永谷天満宮公式Instagramでもご紹介しています。興味のある方はこちらをクリックしてください。

〇場所 お不動さん前階段 銀杏 硯池付近

午前10時頃の銀杏の様子。朝日が銀杏を照らします。
本日のおすすめの光景です。
皆様も「あっ」とこころに響いた景色を身近な人と共有してみてはいかがですか。すべては神さまの恵み。とっさに沸きおこる「ありがとう」気持ちを「今」すぐ神さまに届けましょう。まだ立派な「形」は整っていなくても精一杯のまごごろを「紅葉の錦神のまにまに」。

令和5年12月8日(金) 大雪(冬)
本日の境内の自然
https://www.instagram.com/p/CqepkGoLePs/ ←境内のみどころは永谷天満宮公式Instagramでもご紹介しています。興味のある方はこちらをクリックしてください。

〇場所 名木百選御神木側天神山入口

7日より二十四節気は大雪(たいせつ)(冬)です。本格的な冬の到来です。

境内には柔らかい冬の朝日が差し込み境内を照らします。いつもの見慣れた景色も刻一刻と目まぐるしく移り変わり新しい「今」が次々と現れています。

〇場所 お不動さん 石の腰掛 天神山入口付近

どなたか、お不動さんに柿をお供えしています。

〇場所 お不動さん 石の腰掛 天神山入口付近

お不動さん前の石の腰掛から銀杏の方を見上げた景色。

 

沢山の鳥たちの囀りが天神山の森に響いています。朝日に照らされた銀杏はとおくまるでランプのように煌いています。立ち止まり見上げてみれば、虫食いの葉、銀杏の葉、色とりどりの木々の葉たちが目に映る景色のなかで美しく調和し、それぞれの個性で輝き、見るもの心を楽しませてくれています。土の感触、落ち葉を踏む音。ほのかに温かい冬の風が心地よく肌を撫でます。朝日の光と熱は体に染みわたります。

普段よりゆったりと境内を歩き、立ち止まり、空を見上げ、足の裏で、肌で、呼吸で、音と光で、心を澄ませて自然の中で子供頃のように素直に溶け込めば、自然と「ありがとう」の気持ちが湧きおこります。

すべては神さまの尊い恵みです。お仕事に、家事、受験勉強、慌ただしい日常を抜け出し、自然の恵みをお楽しみください。きっと心がよみがえります。

そして、自然の恵みを存分に味わった後に神さまに「ありがとう」のまごころをお伝えしてみてはいかがですか。「紅葉の錦 神のまにまに」

令和5年11月23日(木) 小雪(冬)勤労感謝の日 新嘗祭(にいなめさい)
本日の境内の様子
https://www.instagram.com/p/CqepkGoLePs/ ←境内のみどころは永谷天満宮公式Instagramでもご紹介しています。興味のある方はこちらをクリックしてください。

本日の新嘗祭(にいなめさい)にあわせて今年の初めて出来た稲である初穂、「懸税(かけちから)」を神前にお供えいたしました。

 

お供えしたのは神奈川県神道青年会(青年神職の会)の神饌田で作られた初穂です。

 

新嘗祭(にいなめさい)は新穀を神に供えその恵みに感謝するお祭です。

新嘗祭は「新」(新穀)を「嘗」(召し上がる)祭という意味です。

春の「祈年祭」で、米、五穀の実りを祈り、「新嘗祭」でその実りの収穫に感謝します。

 

宮中、神嘉殿では天皇陛下が自らお育てになった新穀をご先祖の天照大神(あまてらすおおみかみ)をはじめ神々に自らの手でお供えになり、おまつりされます。また、自らお召し上がりになります。

 

神宮をはじめ全国の神社でも「新嘗祭」で神の恵に感謝をし、国家の安泰、国民の繁栄ををお祈りしています。

 

本日は勤労感謝の日、「勤労をたつとび、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう」日です。

 

お米をはじめ美味しくお食事をいただき、自然の恵みに感謝いたしましょう。

令和5年11月8日(水) 立冬(冬)
立冬の境内の自然
https://www.instagram.com/p/CqepkGoLePs/ ←境内のみどころは永谷天満宮公式Instagramでもご紹介しています。興味のある方はこちらをクリックしてください。

〇場所 天神山入口 山頂への道

本日より二十四節気は立冬(冬)です。境内には柔らかい冬の朝日が境内を照らします。沢山の鳥たちの囀りが天神山の森に響いています。境内は光に溢れ、見上げれば照らされた木々の緑が鮮やかに煌いています。まだまだ、秋の気配が残る境内の自然の中をこころを澄ませて、いつもよりゆったりと歩けば、思いがけない景色と出会えます。

〇場所 お不動さん 天神山入口 石の腰掛付近

お不動さん前の石の腰掛に座り、自然の中に溶け込むと何とも言えない良い心地がします。時間を忘れて、こころが生き生きとしてきます。

〇場所 お不動さん前銀杏

ふと立ち止まって見上げれば、日に照らされた銀杏の緑の煌きに心が癒されます。忙しい日常を忘れて、ほんのひととき、ゆったりと自然の中で疲れたこころを遊ばせてみませんか。「あっ」とこころに響くすべての感動は神さまからの尊い贈り物です。

令和5年10月22日(日) 寒露(秋)
七五三詣でのご案内
https://www.instagram.com/p/CqepkGoLePs/ ←境内の自然、その他のみどころは永谷天満宮公式Instagramでもご紹介しています。興味のある方はこちらをクリックしてください。

10月、11月の土日、祝日は当日受付(七五三以外のご祈祷も土日、祝日は当日のみ)のみですが、、平日の七五三、厄除等通常のご祈祷はこちらのリンクから簡単にご予約できます。(24時間予約可能です。空き状況も確認できます。

https://jinja-reserve.com/reservation/index/nagaya

※予約サイトを開くと、土日はすべての時間時間帯が✕印となっているのは当日受付のためです。例年通り終日受付しております。

平日の七五三はお電話でも予約ができます。不明な点がございましたら、電話045-844-7244(永谷天満宮社務所 午前9時から午後4時まで対応※繋がらない場合は留守番電話に伝言でおかけなおしいたします)

〇当日受付  受付はお連れの皆様がそろった時点で受付できます。ご希望のお時間の5分前から10分前に社務所にお越しください。ご祈祷は、午前9時から午後4時まで(最終受付3時半)。 30分ごとのご奉仕です(例10時、10時半、11時、11時半)

令和5年10月10日(火) 寒露(秋)
秋の境内の自然
https://www.instagram.com/p/CqepkGoLePs/ ←境内のみどころは永谷天満宮公式Instagramでもご紹介しています。興味のある方はこちらをクリックしてください。

〇場所 名木百選側天神山入口付近

8日から二十四節気は寒露になりました。秋らしい透明な空気にさわやかな午後の日差しが境内を照らしています。秋の自然の中に静かに佇むと、この目に映る景色のように、こころが広々と透き通り、晴れ渡る心地がします。

〇場所 12時頃 お不動さん前 石の腰掛 天神山入口付近

境内の自然のなかで、こころを澄ませば、繰り返されるいつもの同じ景色の中に特別な「今」を見つけることができます。「あっ」と、こころに響く何気ない景色を切り取って、「ぱっ」と浮かんだ身近な人と写真で言葉で小さな感動を共有してみてはいかがですか。こころに響くすべてのものは神さまの恵みです。神さまにも「ありがとう」の気持ちを届けましょう。

心の数だけ形があります。「このたびは 幣もとりあへず手向山 紅葉の錦 神のまにまに」形は整っていませんが精一杯のまごころを神さまどうぞお受けください。「あっ」とこころに響いた小さな感動はすべての人のこころを「ぱっ」と明るく晴らし、大きな世界をも喜びに変える力があります。日本は「言霊のさきわう国」。こころに響いた感動は自然と言葉になり、歌となり、不思議な力で全てを和ませ美しく調和させます。

形は様々。

こころの数だけ形があります。

あはれ あなおもしろ あなたのし あなさやけ おけ (古語拾遺)

こころに響く明るい夢(願い)は、不思議な言葉の力で「まこと(現実)になる」のです。

本日も刻一刻と移りかわる境内の自然をどうぞお楽しみにください。目の前に次々と展開する「今」は一生に一度